2016/04


私はお酒が好きで、更にお酒が好きですから、今日会う同級生、上機嫌で、1杯の酒を飲んでことが多い、クラスメートと口々に,私に深く知っている女にとっては酒を飲み、でもない、ただ品、私はとても好きでこぼしに淡い香りが好きで、少し酔っての幻想が好きで、あの不安定なぼんやり、品はとても美しくて、小口小口の味見して、ゆっくり品.

マイクロ目を閉じて、口の中の香りが広がって血液、微かに酔って全身、任思い舞い上がる.

私好きほろ酔いのそんな楽で、淺い眩暈手足しなやか如ステップふらふらが、私が知っている私の挙手透足は依然として婉然魅惑的な……ほろ酔い良くて、とても美しくて、とても女.

実はお酒を飲むのは1種の感情をぶつけ、たまに飲みは心の上の解凍,人に言われてない人は香水の味の人なら、酒を飲めないのは無粋な人ですか?そうじゃない、真の愛は、人々は酒ではなく、端から杯偽瞬間、考え事を少しずつ溶け込んで酒の中で,心筋炎、飲む酒はだけではなく、少し楽しくて、少し悲しみ、思い出を、少し愁いといくつかの人の言うことはできない物語を不愉快なことに来て、友達、酒の中で、私がやった、君に.

は2015年5月22日、軍は

では、2015年5月22日、軍



うっかり週末になって、感じて頚椎や肩甲骨鈍痛、元はやっと知っていて自分が本当にとても疲れた,.

ちょっと文字を書きたくて、痛みを入れて,その痛みはほこりになります.しかし、私はもう複雑世俗磨てこそ、文章の構想の枯渇、語をしない.

この俗世から離れたくて、あるダテの花火を離れる.

は、春の名目で、ほこり風、古典的な召喚には、その雪の中には、この雪を交換したいです.わたしは風月,心筋炎、シミターや春の抱擁.

Pあるいはふみはずすで童心の清白に落ちて、落魄の詩文.わたしは詞歌、1首の词牌平湖の風土に消去落雁.

炊煙はどこにあるの?落筆三千江山、人物が、私の生長の情勢を歩いて偏锋剣.

殘雪の殘雪夕日、江山は未定です.秋の籐の時に、脈絡にからみ合っ痛みが輓.馬は歌のように、多くの私の桟道開閉、このに遠いです.

紅塵百渡、一場の春夢.雨巷が深い,深いのは長年の訴えに届かなくて.にぎやかでないなら、岱が浮かぶ.重かっ光、ブルーの悲しみをばらし、文字の骨の骨のような破壊の音色、灰になり、紅塵、三人は漂泊、この短い文字で.