風邪を引く咳はどんな薬を飲むの心筋炎が良い治療の風邪の咳の民間の処方

咳は呼吸システム疾病の最もよくある症状の一つ、それは1つの保護性神経反射で、咳を通して呼気性衝撃動作、呼吸器内の異物あるいは分泌排出体外に排出することができます.持続性咳は肺疾患の前兆で、注意して.

漢方医は形寒飲寒さは傷肺というのは、からだを受けた寒寒いの品を入ことを傷つけ、人体の肺咳、肺疾患、多くの肺の息を誘発しない宣、肺の息に逆だ.この時の飲食はた涼、肺の息閉塞症状をもたらしやすくて、時間が愈えない.

児童はやはり成人で、咳が多い痰は痰を伴うことができて、痰のいくらはまた脾臓に関係する.脾は明後日の本で、人体の食消化と吸収と吸収.例えばすぎて食事寒い食品と、好みに傷つき、脾の機能が低下して、集まって痰湿性.

治療の風邪の咳の民間の処方はどれらがありますか?

の風邪を引く咳民間の処方の1:白いコショウ面、淺い靑色それぞれ適量.煮スープラーメン一丁に加わって、淺い靑色と白いコショウ面かき混ぜるのが均等で、熱いうちに食べて汗をかき、布団をかける臥、もっと.この方は、温解表、発散した風邪を発散する.風邪を引く風邪が風邪を引いて風邪を引く.

の風邪を引く咳の民間の処方の2:胡桃25グラム、心筋炎、淺い靑色ごグラム、生姜25グラム、茶じゅうごグラム.クルミの実を、淺い靑色、しょうが捣烂茶と一緒に入れ、土鍋で、1碗の半水を加えて炒めて煮まし.一度着て、フトンをして寝て、仕向けに注意して.この方解表散るのは冷たくて、発汗熱.風邪を治すには発熱、頭痛は無汗で.

の風邪を引く咳民間の処方の3:いちの大根.淺い靑色ろく根、生姜じゅうごグラム.水はまずさん碗大根を入れて、淺い靑色の、ショウガ、煮スープさえ殘りかす、一度する.この方宣肺解表、痰咳を止める.治寒風と寒気の咳をする、痰は多く泡、風邪です、全身痛など症.

の風邪を引く咳の民間の処方の4:豆腐500グラム、黒糖、白砂糖各ひゃくグラム.豆腐の中から1、砂糖、砂糖、ボウルに水蒸し30分、1回食べ、4回.こなた熱を下げて、唾液の分泌を促進して、潤の乾燥している.咳止め痰喘症.