適度にビールで視力を保護することが適心筋炎度に飲酒して病気を予防することを予防します

人々は交際宴会、日常生活の中で、酒は盲に杖披露し、過度の酒が体の傷つけることに対しては言うまでもなく,適度に酒が体には確かに利益よけいに、日常生活の中でたまにワインを飲む、特にビール、ワインなども役立つ体の各方面の健康よ.適度に酒を紹介の利点:1、ビールいち、メンテナンス心臓の健康:大量の表明を研究して、適度な飲酒を含め、ビール、心臓病の危険を減らすことができて、心臓病はトップの殺し屋、生活方式で健康な男性により、適度な飲酒者禁酒者の心臓発作のリスクを低減した40%-60%.2、血管保護血管:高血圧は約65万人に影響する.しかし2007年、研究者は発見して、適量のビールの高血圧の男性患者、その緻菊と非緻死性心臓発作のリスクが低減.適度にビールを飲むことで、血栓予防、虚血性脳卒中予防にも役立ちます.3、糖尿病リスク:研究によると、糖尿病人の中で飲酒も最大のキラーが減少するリスクが減少します.研究はまだ明らかにしている.これは、飲酒はインスリンの敏感性や消炎作用を増加することができます.4、認知能力:ビールは脳に対して役に立つのか?研究は、答えは肯定的です.適量の飲酒は、女性に良い認知能力を得ることが可能とされている.ゆがんだ釜にゆがんだ甑、65歳以上の高齢者は毎週1 – 6杯飲むアルコール飲料、禁酒、アルコール依存症に比べ、認知症のリスクが低い.ご、骨格強壮:研究によると,心筋炎、ビールは予防骨の流れと再建骨量の上の効果を発揮する男性が、若い女性,更年期の後の女性は気付かないの利点.発表によると、可能性は飲み物の中でケイ素含有量が高い.しかし、飲酒、骨折の確率が大きく増加します.ろく、活力を維持:回顧ごじゅう研究によって、適度な飲酒と死亡率が逆に総間の連絡、毎日飲む1 – 2杯の酒の人、死亡のリスクは最低で、これは、ビールから予防冠状動脈心臓病や脳卒中の作用ななしち、ダイエット:研究発現、適量のビールを飲むにはとても良いダイエット効果.ビールにはとても少なくナトリウム、たんぱく質、カルシウム、そしてビールにはコレステロールも含まれ、肥満が早く増加する有効な有効な有効なものだという特徴があります.はち、目を守る:ビール中に豊富に含まれるビタミンB族、その中はビタミンb12やビタミンb
2(リボフラビン)の含有量が豊富な、最も.研究し発見して、ビタミンb12対抗脳貧血や調節中枢神経代謝メカニズム一定の利益.一方、ビタミンb 2に視力を保護するために重要な役割を、夏に適量の飲むビールに達することができて、とても良い目を保護するための役割.第二、ワイン1、防除心血管病:ワインの中の原花色素、安定構成と各種膜のコラーゲン繊維、、血管壁の透性防止動脈硬化.また、元花の色素テリアが死亡する危険が.アメリカ医学研究会によると統計資料によると、好きな飲用低度のワインのフランス人、イタリア人、心臓病の死亡率は最低で、飲み蒸留酒、ワインの少ないアメリカ人、芬兰人心臓病死.