精子の心筋炎危機

1990年夏、三浦半島など94個の日本海沿岸で雌ホラガイとオスの生殖器が出てくる.

1998年2月、東京近郊の多摩川で鯉の精嚢が異常、正常な鯉の精嚢重約150グラム,心筋炎、これらのコイの精嚢は6グラム.

野生動物の異常は十分に日本人にパニック、男性の精子数が減少し、日本人に大きな衝撃を受けている.

p>デンマークコペンハーゲン大学収集<病院過去ごじゅう年いち万ご千人の男性の資料を発見、1940年男性いちミリリットルの精液で平均いち億1300万人の精子が、1990年には、同じ数の男性の精液で、精子数は急減6600万;日本の本土の調調べこの研究結果も呼応し,帝京大学医学部講師今年押尾茂調査34位20数歳の日本の若い人は驚くほど発見、精子数は平均4170万個.

精子のイベント率も低下し、精子は

としても、精子の活動率も低下し、精子が

という

形の割合も増加する.

Pは、

生命力の危機<P>Pは、

はこれは、多くの日本人が大恐慌とされています:これは何ですか?戦争、日本人は既に種族の生命の危機に直面する危機に直面しているか.

pは科学家の研究によって、これは生殖異常の元凶は環境ホルモンだと指摘し、環境ホルモンです.

日本メディアは、この現象を大幅に記事のタイトル生命力の危機、環境ホルモンの恐怖、ダイオキシンが数倍にサリンが猛毒がよく日

私は、環境ホルモンと関係のカップラーメン生産メーカー、18家の新聞掲載全版の大幅広告は、カップラーメンは環境ホルモンが生成されないと、18家の新聞は環境ホルモンは環境ホルモンは生成しないとしている
.

政府もわれ関せず,建設庁のサンプリングじゅうはちの河川水係、調査では、環境ホルモンの現況.労働省、厚生省環境影響報告を提出するホルモン、環境庁の環境ホルモン戦略計画SPEED』98ところも動いて、東京都、都内河川、野生動物、食器を調査名古屋市は、すべての給食のプラスチック食器を改めて磁器の皿.