知らなくではいけません 心筋炎のな危害と治療

1.心筋炎の概況について

心筋炎は心臓の筋肉に生じた炎症です。ほとんどの患者は適当な治療を通し、全快して後遺症が残っていません。きわめて少数の患者は病気の急性期で深刻な心拍数異常、急性心不全と心臓性ショックで死亡してしまいます。また、一部の患者は数周あるいは数カ月後、心筋炎自身の病状は少し少し安定していくですけど、ある程度の心臓拡大、心拍異常また心臓動能減退、心電図の変化などの病状が出てきます。このような情況は長い時間にわたって変わらなくとしたら、おおむね急性期後心筋傷痕の後遺症です。急性期後病状がまだ続いて、慢性心筋炎になり、心臓拡大、心機能は減退、心拍異常などの併発症は10年、20年以上治されなくて、最後併発症によって死亡した患者も少なくないです。また、研究結果によると、一部の心筋病が心筋炎から発展したものです。

2.心筋炎の併発症について

前の言った通り、心筋炎はいろいろな併発症があります。そこで、心不全、心拍異常、心臓性ショックなどの併発症に対して早めに治療しなければなりまん。具体的には、心不全が現われるとき強い心利尿剤を注射するべきです;心拍異常の場合、それぞれの情況によって相応的な治療を採用するべきです。心筋炎患者はショックになると非常に危険ですから、治療のタイミングは大事で、一刻のタユタイもゆるされません。

3.心筋炎の予後について

心筋炎患者の予後は心筋炎を患うタイプと心筋の損になった部分、範囲、程度およびもとの心機能状態によって決まります。一般的には、ウィルス発生性の心筋炎患者予後は良好で、数週内完全に回復できます。風湿性心筋炎患者急性肺水腫になる可能性が高いです。特発性心筋炎患者の予後あんまりよくて、数週内心不全で死ぬこともあります。予後の状況は患者の休憩状況もかかわります。もし患者は毎日休憩不足と、病態が悪化しやすい、他いろいろな併発症を引き起こす可能性も高いです。