滋心筋炎陰養顔湯を飲んで鯉春もち米煮込み滋陰血

今日推薦

1項の養生湯水もち米煮込み鯉、春季の養生は固護精気、うるおいの陽の息は、精気含蓄があり,心筋炎、腎臓、化生血気の唾液、臓腑の生理の機能を促進する.もち米煮込み芳醇な香りを持つ鯉コカ、補う中に、益の息、滋陰、血の効果、老若男女兼用.

P白玉煮込む:Pもち米50グラム、コイ1匹、生姜4片.

もち米、通称元米、糯米、民間に青籼白もちという、すなわちもち米白越いいほど、その粘着性が暖かい胃をもちの血.漢方医は、その性の暖かい味の甘、具を補う中に益の息、止尿多、自然発汗、髪の天然痘疹の効果.現代の栄養学は、たんぱく質、脂肪,炭水化物、カルシウム、リン酸,鉄、ビタミンB 1、B 2、ニコチン酸、デンプンなどが含まれます.

鯉は我が国の最も早く、最も広範なのが主な養殖魚、川魚で指定されている上物の一つ.漢方医はそれの性平味の甘、あるいは、健やかな胃、利水、利尿作用があって、腫れ、通乳咳を止め、解熱解毒と下の息の効果.近代的な栄養学とそのたんぱく質、ビタミンB族や各種ミネラルと多種のアミノ酸、その肉味佳、主にそのじゅう種余りの遊離アミノ酸が働いて、特にグルタミン酸、グリシンと豊富な、最もヒスチジン.川魚ででは栄養を補給する魚、適当に腎炎水腫、心臓性浮腫、水虫のむくみ、乳が通じない、胎動不安や妊娠性浮腫病などの補助治療.

調理:もち米ちょっと浸し、きれいに洗います;鯉宰洗浄、鰓、汚い雑、乾かして水の後、ジンジャー酒で均等にもう一度内外拭い、更にサラダ油内外もう一度塗り.先にもち米を入れて煮杯内を置いて、鯉もち米に加え、寒い湯1250ミリリットル(約ご碗量)とショウガの切れを隔てて水煮込み、蓋をして約2時間半になる.飲む時に適量の食塩を入れて、この量は3 – 4人に供給することができて.