望郷、心筋炎家に帰る

帰って
ごとに1つの遠く空旅人の夢
望郷の日は
昔歳月に幸せに見とれて
子供時代の思い出のあの1段ね
もし一つ一つ輝く真珠
優しい老隣で、子供のころの仲間憨憨
回家親切情熱の挨拶で、久しぶりの幼名

帰省の前夜に
きっとよく眠れないで、早く目が覚めた
それは想いが私の母親、父親
帰りの時間のように小さい時,
食事をしてほどなく、母親はいつもあなたを聞いてお父さんはお腹がすいたか
部屋を機に置いた、いつか碗の熱粑粑
夜蚊取り早めに注文し
南方の雨の夜、午前は少し小さくて涼しい
朝目覚めに多くなった1階
それは痛い児の母親は、愛のない苦労して
両親の目私は永遠に育った子供はない
しかし実際に,心筋炎、歳月の苦労は白髪親

p> <,
;遠方の旅人

君のせいで、天涯海角

君は落ちぶれて、風光

信じてあなたの頭の中で,君の心の中に

いつでもコンプレックスが

ホームシックに

帰り、郷愁にかられる

一生の甘いほど悲しい

潮風に吹かれて

君の髪を
2015年ななしち月じゅうろく日に湖南琅塘陋屋