心筋炎皇城涙

鼓乐ひとしきり、鐘涼しい様子、揺れる照明燈りのいくら明徹.一袭风衣、満身の真珠や宝石が光り輝くさま;珠の女性が斜めにぶら下がって宝翠髪、誰の紅粉香が立ちこめるた暮秋気絶色?

風が吹い息の揺れ、果てしないこの繁華だけ蔵金殿玉楼,;皇城のいくら美しい姿、繁華終隠しきれない涙.

て下ろすこずえが満開鳥、牡丹は、どの皇妃の涙に、真珠の雨露、転落白い蓮蕊.憎ま宫墙だけ高くそびえる、寂寥飛んでない、落下千古遺恨.昔の笑靨笑って随落葉埋め込み深く泥;いかんせん無限愁思化行かない思い合う涙……

今宵鳳凰の冠に刺繍の肩掛け,美しいにぎやかじゃない;材料明はどううら寂しい、独賞宫花!

袍遮らない金光、竜宝座透け玉雕香りに袖隠し部屋,心筋炎、酒に酔って剣の舞は、王者の風.閣の中には何も考えていない、ただ、目の秋水,一席の花火の雨、不朽の伝説を書きます.楽しいことも、悲しいことも、リボンのフリンジ頬紅香、黒い髪醉烟美少年!

もしあなたは全て

は普通の庶民の家の子供はまた何なければならなくて、この儚い夢には感情の傷を愛して、痛くて、傷つけあったあとは、憎しみも解けない愛の糸に囚われて心に深い……皇城の歌ではないなら、すべてまた目がみなぎるとして、雲散霧消……