心筋炎は感染症、中毒あるいは原因不明の心筋の炎症性変化です。無症状のものから発熱、頻脈、呼吸困難などの臨床症状を示すものまであります。ここで心筋炎の知識、原因、治療を重点として述べます。

心筋炎はどんな病気ですか

心筋炎とは心筋「心臓の筋肉」に炎症がおこり、心筋の破壊が生じて、心臓が弱る病気です。原因のほとんどがウイルスによるものです。中でもコクサッキーウイルス、アデノウイルス、エコーウイルス、インフルエンザウイルスが代表的です。

心臓は筋肉で構成されている臓器ですが、その筋肉である心筋に炎症が起きてしまう事により、心臓のポンプとしての働きが低下して心不全を発症し、時に危険な不整脈を併発し生命をおびやかすこともある怖い病気です。

心筋炎の患者さんの一部は炎症が長引き、心臓が大きくなりポンプとしての力が低下した状態になる拡張型心筋症などの心筋症に移行することもありますが、一般的に心筋炎が治った後の経過は良好であり、急性期をいかにのりきるかがポイントとなります。

心筋炎の症状につして
発熱、咽頭痛などのかぜ症状や、下痢、嘔吐などの胃腸炎に類似した症状に続いて、胸の痛みや息苦しさ、意識が遠のくような失神などが見られるという形が典型的ですが、かぜ症状などの先行する自覚症状がないこともあります。また急速な病気の悪化のため、血圧低下、意識障害などのショック状態で発症する場合や、突然死を引き起こすこともあります。

心筋炎の原因について
心筋炎の原因となるウイルスは鼻やのどから体内に侵入するものが多いため、日常的な手洗いやうがいによりある程度は予防できると思われます。しかし、一般的なかぜ症状や胃腸炎とともに、胸の痛み、息苦しさ、激しい動悸の自覚、失神などの症状が出現してきた場合やかぜが長引いてなかなか治らない場合には、早めに医療機関を受診してください。

心筋炎が治った後に関しては、心筋炎の程度、種類、慢性化の有無などによって経過観察の仕方は異なりますので、主治医の指示に従って通院を続けてください。

心筋炎の治療について
心筋炎の一部は劇症型心筋炎という急激な経過をたどり生命の危機におちいることがあるために、治療における一番の目標は、急性期に生命を落とさないように乗り切ることになります。

心筋炎と診断、あるいはその疑いがある場合、入院の上安静を保ち、血圧、脈拍、血液中の酸素飽和度、尿量などに加えて、心電図モニターなどを細かくチェックします。また血液検査やレントゲン、心電図、心エコー検査も頻回に行います。重症な場合にはスワンガンツカテーテルという管を首や足の付け根の静脈から挿入し、心臓のポンプ機能や心臓の中の圧を直接測れるような処置を行います。これらにより心筋炎に伴って起きる心不全や危険な不整脈への対応を迅速に行っていきます。

オススメ情報サイト

最初に飲んだ時の効果が残ったまま服用するのはとても危険なことなので、シアリスは2日に1度の服用を厳守して下さい。他の薬との併用はレビトラと同じく危険性があるものなので、こちらも医師に相談してから服用してください。レビトラとシアリスは効果的な治療薬ですが、服用方法を誤ると毒にもなるので、注意して飲むようにしましょう。

バイアクラを飲むことで勃起不全を治療することができます。しかも射精の感覚がおかしくなることはありません。